土屋悠太郎 ~タイ・ランナー舞踊の名刺web~

仙台在住。タイ北部ランナー地方の芸能を継承する子連れタイ舞踊家のブログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


完全版マハーバーラタ、チケット発売開始!

[本日10:00~チケットの発売が開始されました!]

20210605104416e5c.jpeg

202106051044176d0.jpeg

*****************

東京オリンピック・パラリンピック関連事業
「東京2020 NIPPONフェスティバル」
共催プログラム 

小池博史ブリッジプロジェクト
「完全版マハーバーラタ」
  愛の章・嵐の章
2021年8月20〜23日 なかのZERO大ホール

8/20(金) 18:00〜 愛の章
8/21(土)  12:00〜愛の章  18:00〜嵐の章
8/22(日)  12:00〜愛の章  18:00〜嵐の章
8/23(月)  14:00〜嵐の章

(愛の章、嵐の章、約3時間ずつ計6時間)

*****************

2021060510441953e.jpeg

20210605104420fef.jpeg

■ 公演詳細
https://mb2020.info/

※S席は席数が少ないので、ご希望の方はお早めにご予約ください。

①カンフェティ→誰経由か選べるようになっていますのでご選択下さい。
https://www.confetti-web.com/mahabharata
カンフェティチケットセンター:0120-240-540(平日 10:00~18:00)
※同日の通し券のみ対応。別日の通し券は実行委員会へ直接ご予約ください。

②カルテット

[土屋悠太郎扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/kikhmahabharata?m=0rhedeg

[土屋悠太郎扱い 通し券用]
https://www.quartet-online.net/ticket/kikhmahabharata?om=crhedee

【チケットのお問い合わせ】
「完全版マハーバーラタ」実行委員会/小池博史ブリッジプロジェクト
Email: hkbpyoyaku@gmail.com/Tel.03-3385-2066

関連記事
スポンサーサイト



賭ける想い

僕の日々は1歳娘の育児に追われている。
日常は尊くて生活することが好きだから幸せだけど、稽古やトレーニングには隙間時間の捻出にこの1年は特に苦労してきた。

2018年、僕はタイから一時帰国して「マハーバーラタ/日本ツアー」に参加していた。
その最終公演地の仙台で2020年の完全版に出演しないかという話をいただいた。
僕はこの超古代叙事詩の世界と小池さんの演出に魅せられていたので、妻と相談した上で参加を決めた。

多忙な妻の仕事を考えると、稽古から本番までの長期間を僕が留守にするのは難しく「第2子を産んで育休期間中に行けたらいいね」という神頼みに近い夫婦の結論に至った。
それは同時に妻の育休期間が明けたら、数年間はまた僕が育児に専念する覚悟の選択だった。

そしたらなんと、まさかのピッタリなタイミングで娘はやって来てくれた!

しかし、

2020年「完全版マハーバーラタ」は新型コロナウイルスの世界的流行を受けてオリンピックと共に1年の延期へ…これには愕然とした。

このために賭けてきた努力や準備より、妻が命をかけた第2子の出産がここに繋がっていたこと、翌年は育児で時間が余計に取れなくなることを思うと頭が真っ白になった。
そして今に至る。

色々あって僕の稽古参加はかなり遅れることになったのだけど、子どもたちは保育施設にお世話になり、遠方の妻のご家族にも協力してもらって乗り切ります。
20210613000720871.jpeg
昨夏、小池さんは不屈の精神で公演延期直後にマハーバーラタ映画制作を企画し実現。 
僕も出演し記録を残せたことに感謝です。
20210613000721e2f.jpeg
(今年は配役変更の為これにてさらばカルナ!)

関連記事

回想マハーバーラタ2019

2019年インドネシアで「完全版マハーバーラタ(前編)」を滞在制作し公演する2ヶ月間を過ごした。
20210612235059ce5.jpeg
連日激しい稽古に臨む中で、まだタイにいる妻の妊娠が判明した。
彼女はつわりで体調が悪くなり電話してもまともに話せなくなり、(この舞台参加に背中を押してくれていたとはいえ)日本に引越す大仕事も任せてきたからさぁ大変。
心配やら申し訳ないやら気が気でなかった。
20210612235105ac9.jpeg
さらに慕ってきた祖母の危篤の報せが入る。
それから亡くなるまでの1週間と、最後のお別れの葬式に参列できない心苦しさに苛まれた。
祖母が息を引き取った日の夜は部屋で踊りを捧げてなんとか眠った。

救いになったのは、翌朝、小谷野さんの声かけで共演者たち全員が黙祷を捧げてくれたこと。
20210612235103436.jpeg
アジア各国の多国籍なメンバーそれぞれが心を寄せてくれたその瞬間は本当に有難く、心癒されて涙が流れた。

また帰国した息子が僕ら家族の代表として祖母の葬式に参加してくれたことも誇らしかった。
20210612235100aea.jpeg
あのインドネシアでの2ヶ月間は、稽古以外にも命の誕生と死の別れを痛切に味わった人生で忘れられない舞台経験となった。
20210612235101648.jpeg

20210612235106bb6.jpeg

20210612235108b4e.jpeg

20210612235109181.jpeg

2021061223511166e.jpeg
日本帰国前、出演者家族たちと記念撮影。

関連記事

回想マハーバーラタ2018

先日タイの師匠から電話が来て久しぶりに話してたら僕の心の核がとても喜ぶのを感じた。
さらにお世話になった別の方々からも連絡があり、思わず当時を懐かしむ。

いつの時代も自分にとっての課題に向かって生きてきたことを思い出した。
20210605110450898.jpeg
これももう3年前(2018マハーバーラタ日本ツアー稽古時)、また次の先へ。

〜以下2018年6月3日記〜
「それぞれの分野と価値観を歩む人たちが小池さんのマハーバーラタの元に集い創作している。
20210605110452f7b.jpeg
僕は普段、舞台の上に立つことを目的に活動していないけど、この場所はとても刺激的で勉強になる。
20210605110453e39.jpeg
人を介して文化が伝わり融合し、新しいものが生まれてくことをこの作品を通して確認してるようだ。
僕もどこまで変われるかな。」
この時の気持ちを変わらず持ち、7月から東京での稽古に参加したい。

関連記事

完全版マハーバーラタ、チラシ公開

息子を小学校に送り出し、妻の出勤前まで散歩とランニング。
日中はトレーニングがわりに1歳娘を抱っこ紐に入れて重心を意識した長距離ウォーキング。
日常の隙間を見つけて稽古し身体を整える。

普段子どものお世話をしていると自由な時間がほぼないので、妻の休日や帰宅後の時間を新たな学びにあてるやり方で娘が誕生してからの1年間はやってきた。
舞台「完全版マハーバーラタ」のために。

昨年コロナ禍での延期を経て、今年は奇跡的に実施に向かって進んでいる。
諸事情あり僕は遅れての稽古参加で配役も変更になりましたが、アジア各国の芸能者との共演は楽しみです。

20210605104416e5c.jpeg

202106051044176d0.jpeg

完成したチラシが公開。
仙台の文化施設にも置かせていただきます。

稽古本番期間中、息子と娘には保育施設に入ってもらい、働く妻には子どもの送迎と家事を頼み、遠方の義母に途中から助けに来てもらいます。
未だ終息せぬコロナ禍に家族の協力を受けて参加するのだから、全力を尽くして素晴らしい公演にしたい。

以下公演情報です。


東京オリンピック・パラリンピック関連事業
「東京2020 NIPPONフェスティバル」
共催プログラム 

小池博史ブリッジプロジェクト
「完全版マハーバーラタ」
  愛の章・嵐の章
2021年8月20〜23日 なかのZERO大ホール

8/20(金) 18:00〜 愛の章
8/21(土)  12:00〜愛の章  18:00〜嵐の章
8/22(日)  12:00〜愛の章  18:00〜嵐の章
8/23(月)  14:00〜嵐の章

(愛の章、嵐の章、約3時間ずつ計6時間)

2021060510441953e.jpeg

20210605104420fef.jpeg

関連記事

イラストレーター佐藤ジュンコさん

舞台「完全版マハーバーラタ」著名人コメントを信頼するもうお一方に依頼しました。
東北愛に溢れたほのぼの漫画が人気なイラストレーター佐藤ジュンコさんです。

2009年に仙台で初めてお会いした時、ひょんなことで「月刊 佐藤純子」という日記漫画を大量に頂戴し、読み進めるうち深い親しみを覚えるようになりました。

(当時コピー用紙だったその作品が数年後に出版されて本当の漫画本になり驚く!)
202106050932598a0.jpeg

2018年にタイから一時帰国して参加した「マハーバーラタ 第2.5部 ~Endless Bridge~」日本ツアー、最終公演地は仙台でした。

観劇してくださったジュンコさんは、新聞で連載してるコーナーに漫画で感想を掲載してくださり、それを知った時には本当に感動しました。

20210605093257310.jpeg

普段ジュンコさんは何気ない日常の愛しさや季節の移ろいを発信されていて、そこから僕は知らなかった仙台の表情をよく教わっています。

20210605093300a24.jpeg

いつも笑顔が素敵なジュンコさん、心昂る寄稿をありがとうございました!

関連記事

積み重ねる

宮城県に伝わる古い武術(やわら)を学び始めて1年が過ぎた。
取り組む決意をしたのには3つの理由がある。

1つは、舞台「完全版マハーバーラタ」でとても強い戦士を演じるのだけど、北タイ武術の修行を積んだといっても、思考し演じるためには戦士の実感や理解が足りないと感じてたから。

2つめ、在タイ3年間で師匠のもとを訪れ修行に専念するほど、自分が生まれ持った日本の身体性についての自覚が生じ、真剣に向き合うべき予感を抱いてた。
タイ芸能武術の身体ベースに日本人の身体性を融合させる挑戦。

3つめ、2019年インドネシアでのマハーバーラタ公演でアジア各国の一流の芸能者と共演した際にパフォーマーとしての自分を根本から変化させるほどの成長が必要と感じた。
翌年の公演までに僕が日本で深堀りできることは日本人の身体(心技体)と判断した。

202106050915561ec.jpeg

本帰国し宮城県仙台市に住むことになった当初、今ここで何を学び、いかに修行すべきか途方に暮れながら、とにかく目の前にある課題の研究と実践、様々な表現ジャンルに触れる学びの行動をし始めた。

そんな日々の中、奇跡のような巡り合わせで「この人に教わってみたい」と思える方と出会い、僕の背景や思いを聞いた上で「あなたの力になりましょう!」と快諾してくださった。

それから型の稽古をはじめ、流儀の思想、哲学、歴史、身体操作法といった膨大な古人の叡智を教授して頂いている。
図書館で本を借りまくって独学で調べてきたアジア文化の繋がりも、稽古を通じて心技体の体感で理解できてきたのも大きな収穫だ。
(タイの時と違い、日本語なので理解と吸収が段違いにしやすくて助かっている)

この間、妻の妊娠、つわり、出産、赤ちゃんとの暮らし、息子の小学校入学、妻の復職、そしてコロナ禍など大きな変化の波にもまれつつ、迫りくる公演へのストレスやプレッシャーを抱えながら時間を捻出してきた。
(その結果が数ヶ月前の不調だけど、生活サイクルを改善した今は心身共に健康)

2021060509155765c.jpeg

舞台「完全版マハーバーラタ」は公演の開催可否がまだ見えないのだけど、僕は今この時この場所で出会うべきものと出会い、学ぶべきを学んでこられた幸いに心から感謝しています。

関連記事

漫画家、今井大輔くん

学生時代からの親しき友、漫画家今井大輔くんの新刊が出たそうな。
202106050108090ef.jpeg
彼とは僕も東京で夢を追ってた時代によく呼び出しては、
あれこれ話を聞いてもらったりカラオケに付き合ってもらったりしていた。
202106050108100dc.jpeg
今では彼の漫画が全国の書店に並んでるのを見かけて感慨深い。
202106050108128d6.jpeg
今年夏に延期となった舞台「完全版マハーバーラタ」の著名人コメントで彼に寄稿を頼んだ。
20210605010813b04.jpeg
僕は友の言葉に強く背中を押されている。

ところで、
かつて彼の漫画に僕も友情出演している「古都こと」絶賛発売中です!
20210605010815e0e.jpeg
こちらも是非ご覧ください。

関連記事

推薦図書

学生時代、タイフィールドワークでお世話になった
長谷川愛さんがご本を出版されます。

フィールドワーク・コーディネーターのススメ的な内容らしく興味津々。
2021060501005180c.jpeg
僕も舞踊習得をテーマにタイで行動するなかで
人生を変える師匠との出会いがありました。

異文化でしか得られない経験があるからこそ
学生を導ける優秀なフィールドワーク・コーディネーターの
存在は大事だと思います。

ご興味持たれた方ぜひチェックしてみてください。
(学生時代の僕も載ってるそうです笑)

関連記事

春休みララバイ

小学校の春休み到来により、日中は息子とベビーとの3人体制。
20210605005118af8.jpeg
僕は息子が作った家での時間割の指導と同時に、娘と非言語で相手をしてお世話する2役にかなり疲弊している。
20210605005120336.jpeg
息子との会話や運動に集中していても、ベビーが乱入すれば儚く3人でもみくちゃになり全体遊びになること多々(現在娘は昼寝中)。
20210605005121682.jpeg
今もかけがえのない時と思いつつ、夜はノックアウトばりにバタンキューな近頃です。

関連記事

時の花

先日息子に「ゆうたろうさんも年を取ったね」と言われた。
彼の中に今より若い僕の姿が残ってることも、命の変化を学んでることにも嬉しくなった。

そこで世阿弥が説く時の花について教えた。
今この時分の花を咲かす大事さと、それはいくつになっても続く課題だよと。
2021060500431025f.jpeg
そんな話をしていて、僕自身もマハーバーラタ公演の準備に専念して取り組んできたこの1年半の様々な学びが、次の40代の花を咲かせる準備になってることに、はたと気がついた。

じつに成るようになっている。
ありがたいことです。

関連記事

映像作品『壊れた時間のバラタ』

昨年コロナ禍のため延期となり、
今夏公演予定の『完全版マハーバーラタ』が
1つの映像作品として形になりました。

『壊れた時間のバラタ』(25分)

海外のキャストもリモート演出にて出演。
小池博史さんが初監督した映画に僕も出演できたことを嬉しく思います。
20210605002419ff0.jpeg
多くの方々から支援を受けて生まれたこの作品がたくさんの方に届きますように。
202106050024216ea.jpeg

そして大切なテーマである「共生」や「多様性」の種となりますように。

202106050024218f1.jpeg

20210605002423900.jpeg
今週末、東京にて上映会があります。
スクリーンで観たい方はぜひ!

3/13(土) 東中野ポレポレ

17:00〜 ¥2,000(ドリンク付)
20:00〜 ¥1,500(ドリンク提供なし)
※ 20時の回のみ空席あり※

関連記事

映像作品『バラタ』

昨年コロナ禍で公演延期となった舞台「完全版マハーバーラタ」でしたが、アジア各国の出演者をネットで繋ぎ映画制作を行いました。
20210605001903a77.jpeg
古代インド叙事詩の世界をど迫力の画と音で魅せる!!
(こちらは写真で構成された5分の作品です)
僕も出演しています、ご覧ください。
https://www.roppongiartnight.com/2021/spinoff/contents/275/

関連記事

『真伎楽2020』映像完成

<アートにエールを!東京プロジェクト>
「真伎楽2020」記録映像に3役+aで出演しました。
20210605000754487.jpeg

20210605000757af5.jpeg
五世 野村万之丞さんが創られた壮大なアジアのストーリー。
芸能やる者としてこの現場に学ぶことは多々。
20210605000756d11.jpeg
また、金剛役は僕の技芸と親和性があり楽しかったです。
20210605000759f7b.jpeg

20210605000800815.jpeg
どうぞご覧ください。
https://youtu.be/hfgEGHmPhMY

関連記事

東日本大震災から10年

先日、妻が取材した東日本大震災関連の放送がありました。
当時結婚したばかりで仙台在住だった僕たちも被災しましたが、彼女は一報道人として被災状況を連日連夜で伝えていました。

僕は何もできない(食料確保くらい)状況でしたが、夜中によくうなされ泣いて起きる彼女の側にいられたことは、結婚して本当に良かったなと思いました。
20210604235900896.jpeg
震災から10年、彼女なりの節目をやり遂げることができて僕も嬉しかったです。
家族で応援しながら放送を見ました。

関連記事

子育てライフ

朝、息子の登校を途中まで見送り、日課である短い散歩をしながら身体操作に集中。
帰宅して、図書館で適当に借りた作家の講演CDを聞きながらふと学んだり、口伝を口ずさみながら娘の相手をして遊ぶ。

仕事に出る妻を見送ったら家事開始。
部屋に立てた赤ちゃん仕切り柵をなんなく乗り越えた娘も追跡してくる。
僕が洗濯物を干す間に残りの衣類を引っ張り出すので「お手伝いありがとー」と言いながら再び仕分け、掃除機かける時も後ろからひたひたと四つんばいの音をさせて見張られている。
20210604234958845.jpeg
やっと片付いて一息つく頃にはお眠の声。
彼女を抱き上げると肩に顔をのせ、とろんとした表情で「う~あ〜」としゃべってる。
寝付けないご様子なので、子守歌かわりにタイ仏教のお経を唄うと一巡する頃には眠りに落ちていて布団に寝かせる晴れたお昼前。

関連記事

不調を経て

このところ体調を崩していた。

昨年出演する予定だった舞台のため身体の状態を高めてきたのにコロナ禍で公演は1年延期。
やがて妻の育休期間も過ぎ、僕がメインで育児する生活が始まり、運動量の急激な減少、寝不足、過ストレスの反動が一気に出たようだ。
今はおかげさまで落ち着きましたが。

先日、日本に本帰国(2019年8月末)してから、どんなことに努力挑戦し、習得達成してきたか書き出してみたらずいぶんな数になった。
今までタイ芸能以外を深めようとしてこなかった自分にとっては、かつてないほどの自発的努力で各課題に取り組んできた。

ただ未知の領域はいくらでもあるし、外国人共演者の圧倒的実力や演出家の求めるレベルを考えると「まだまだ」と焦る。
もし去年公演をやり遂げて、これらが昇華されていたら育児生活の心持ちは全く違ったろう。
今は余計に時間が作れない中で、いかに準備するか意識的努力を伴っていて余計疲れる。
202106042305581f7.jpeg
それでも0歳の娘はすくすく成長している。
よく笑う子で、その笑顔につられて僕も癒される。
体調が最悪な時、「もし今僕が死んだら彼女の記憶に僕は残るのかな?窓の結露を拭いてる僕の後ろ姿くらいは浮かんでくれるといいなぁ」とか考えて、思わずツーショットを撮ったのが1枚目の写真。笑
20210604230600d89.jpeg

20210604230602ccc.jpeg
2-3枚目は、僕や息子の剣舞を見ると喜ぶので剣を持たせたら踊ろうとしてくれた時のもの。
202106042306030d6.jpeg
4枚目は部屋から玄関を覗く愛らしい姿です。

関連記事

子育ていろいろシェアリング、観劇

パッと飛び出し観てきました。

仙台 劇のまちトライアルシアター2020
「子育ていろいろ晴れときどき嵐」

僕も育児体験談のFB記事投稿で参加していたこの企画。

コロナ禍による自身の状況変化、予定変更などがなければ、赤ちゃん連れで出演したり、もっと積極的な関わりをしたかったのが本音です。

実際に公演までこぎつけた関係者の皆さまには心から拍手です。

感想は、作品内で使用されたインタビュー映像のコメントが「自然に口をついて出たんだろうな」という言葉ほどよかった。

日々の考えや身体はいたるところに表れ出る
宝であり嘘をつけないものだなぁ
20210604145716a07.jpeg
と、帰宅してから赤子にミルクを飲ませながら考えていました。

関連記事

夜の会話

最近の寒さにやられ咳が出て
珍しく息子と離れて眠りについた夜

部屋を暗くしてそのまま寝そうになったら
大好きよ、と息子の声が聞こえた

僕も大大大好きよ、と答えると
これでもかと大をつけて好きと言ってくれた

いつか僕が死んでもずっと大好きよ
と言ったら
僕が死んでもずっとずーっと大好きよ
と返ってくる

きみがいつかおじいちゃんになって死んだら、また2人で手を繋いで、色んなところに遊びに行こうね

と、タイで一緒に歩いた風景を思い浮かべて
声を詰まらせて僕が言うと
少し間があいてから、うん、、と彼が答えた

暗い部屋に2人の鼻をすする音がして
枕を打つ涙の音を聞きながら眠りに落ちた。
202106041448429e6.jpeg

関連記事

暮らし

朝息子の登校を途中まで見送ったら、妻の出勤前までのわずかな時間を集中して稽古する。
体力と気力が充実した状態から、赤子の育児と家事時間が始まり、夜息子を寝かしつけた頃には消耗しきるような日常を過ごしてる。

育児専念時期なのとコロナもあって「これは」という芸能活動に絞ってしか動けないけれど、家族と生活を大切にしながらのスタイルは僕の性に合ってると思う。
もう余計なものは要らないな。
20210604142414912.jpeg
夢や憧れに挑戦し1つずつ試してきたこれまでがあるから、魅かれた世界や人と出会った意味と理由を知り、原点に還ってきた感じがする。
あとは家族分の小さな畑ができれば最高だ。
20210604142413915.jpeg
この1年間トレーニング時に見つめ続けてきた木と、懐かしいタイ在住時のお友達からの贈り物を眺めながら、そんなことを考えていた。

関連記事

真伎楽撮影

池袋としま区民センターにて真伎楽の撮影。
初出演の僕は昨夜から稽古入りして本番。

10数年ぶりに上演される演目に参加し、貴重な記録を残す場に立ち合えて幸せでした。
(仕事の休みを取って送り出してくれた妻と、応援してくれた息子に感謝!)
20210604141922aab.jpeg
大田楽をはじめこの現場で出会う楽士、演者、スタッフの皆さんはとても素敵でいつも刺激を受けています。

プロジェクト、作品、同志、コミュニティが20年も30年後も遺る仕事をされた「(5世)野村万之丞さんてなんてすごい人なんだろう」と毎回考えさせられる。
僕もお会いしたかったな。
20210604141923797.jpeg

20210604141924c79.jpeg

202106041419267eb.jpeg

20210604141928d1b.jpeg
写真は今回も安定のお昼寝、小谷野尊師、
2装束+仮面付けた私、
全撮影終了後のやりきった顔、でした。

…バリ獅子舞バロンも演ったのでヘトヘトだ。
さぁ我が家へ帰ろう。

関連記事

ふじのくに大田楽

妻の帰宅後、着替えだけ鞄に詰めてすぐ出発。
静岡県伊東市へ。
202106040909430ae.jpeg
明日、ふじのくに大田楽にてバリ獅子舞バロン(後ろ半身)のお仕事です。
各分野プロフェッショナルな現場が楽しみ。

ふじのくに大田楽、無事終演。
20210604091115719.jpeg

20210604091118082.jpeg

20210604091120869.jpeg
故野村万乃丞師が作ったこのプロジェクトに長年関わる大先達方が皆カッコよく、学ぶこと多くて有難し。
20210604091114956.jpeg
今夜トンボ帰りで仙台へ。
20210604091527baa.jpeg

関連記事

お休みの日

祝日の朝。仕事の妻を見送った後、父子3人で公園散歩。
20210604085813c5a.jpeg

20210604085814b5e.jpeg

20210604085816140.jpeg
息子はいい具合いの棒キレで遊び、良い練習になっててニヤリ。
202106040858184df.jpeg
僕も今日は抱っこ紐で赤子を抱えて日課の稽古。
20210604085820237.jpeg
午後も外をたくさん連れ歩き、なかなか上出来な休日でした。

関連記事

僕の今ここ

育児生活はなかなかに疲れる。
朝、息子の登校を途中まで送り、妻の出勤前に戻るよう散歩しつつ人知れず稽古。

そこから0歳児の密着生活スタート。
ミルク瓶の洗浄が地味にめんどくさく、買い物とお出かけは途中ウンチしないかを気にし、抱っこ紐して荷物を持てば重量にくたびれる。

夕飯を作り家族で食べ、息子に歯磨きさせた後は読み聞かせて寝かしつけ。
そこで寝落ちしてしまうと、深夜に寝冷えで目が覚め自分の布団にモソモソ戻ることになる。

こういうのは日常だから文章化しづらいし、そもそも体力気力的に書く気にならない。

初めてだった息子育児の頃は先の見えなさに不安があったけれど今はない。
この時期は今しかないから愛しくもある。
20201024183919526.jpeg
ただ1点、とても疲れる。

いくら体力と筋力に自信があっても疲れまくる家事育児労働は「持久筋」的な疲れだと思う。
一方、外での仕事は「瞬発筋」的な疲労かと。

どうでもいいが、そんなことを考えている。

関連記事

再会

カナンさんのタイ舞踊を見に10-BOXに行ってきました。
そしたら京都の大学時代の先輩、竹さんと15年ぶりの再会!
映像撮影のお仕事との事。しばし懐かしい話に花が咲く。
20201024182901fe5.jpeg
急に声をかけられてビックリ!
学生時代の笑い話をしてたら、甘酸っぱーい気持ちになりました。笑
色々忘れたようで思い出すもんなんだなぁ。
すぐにお仕事に戻られたので一瞬でしたが、まさか仙台で再会するとは。
うれしかったです!
20201024182902eab.jpeg
タイ音楽の演奏を協力してくださっていたベテラン俳優、野々下さん。
すぐに習得、流石です!

今回もけっきょく踊らせて頂きました。
2020102418290392b.jpeg
雨の中で舞う。
後ろのゆうたんが目立ってしょうがない。
「酔拳の準備運動」という新作パフォーマンスだそうで•••酒を飲み続けて酔っ払ってる人でした。笑
2020102418290530e.jpeg
久々の皆さんとしばしの再会。
たのしかったです!感謝。

せんだい卸街アートマルシェの素晴らしい場と温かいキャストスタッフの皆さま、
ありがとうございました!

関連記事

出会い

せんだいメディアテークに舞台作品の映像コーナーがあることに気づき物色。
20201014001140cc4.jpeg
すると、なんとPappa TARAHUMARA(パパタラフマラ)2002年「Birds on Board」発見。
さっそく借りて育児の合間に拝見した。
20201014001142411.jpeg
団体として同じ身体言語を持つことの凄さ、
熟練されたメンバーの持つ個性や超絶技巧、
パフォーマーが全集中して凝縮された時間+音楽要素の絡みの面白さ、
そして訳わからん恐さとユニークさに満ちた観客にとって贅沢で見応えある作品だった。
2020101400114394b.jpeg
極めつけは、特典映像に映る小池さんの若き姿。
20201014001144500.jpeg
インタビューの中で「映画も撮ってみたい」と18年前に語っているのを聞いてドキンとした。

物凄い大先輩方の時代があり、その先にある映画作りに参加できたことは有難く光栄な事だ。
「境界」を走り続ける若き小池さんの言葉が、不思議と今スッと胸に響くものがあった。

(その上で「壊れた時間のバラタ」予告編ムービーご覧ください📽)
https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=VUWj7vWmG3s

関連記事

芸術鑑賞

仙台アンデパンダン展のステージに出演されていたダンスユニット、おとなりさん。
20201014000912bfa.jpeg
学生時代から活動されていて普段会えなくなった今でも文通で作品作りされてきたそう。
20201014000913df0.jpeg
「自由に何を表現してもいい」というお題であろうと目の前の人と空間を考えた演出に好感。
202010140009152c3.jpeg
構成や音楽も僕は好きで良いものが見られた。
202010140009162ab.jpeg
キラキラした感性を大切にこれからも踊り続けてほしいと思いました。

そして、僕にもこんな風に表現を共にし続けたい友が数人いることを忘れてた。
住む場所が違ってもやることを選べばできないことじゃないはず。

そんな夢も描いてもいいのかもしれないなぁ。

関連記事

クラファン達成、感謝!

クラウドファンディングへの心強い応援、ご支援ご協力を賜りありがとうございました!
おかげさまで当初の目標を大きく超えたストレッチゴールも上回ることができました。
202010132328398c6.jpeg
2020マハーバーラタ完全版の公演は新型コロナウイルス流行で来年へ延期となりましたが、実際のところ世界的影響に先は見えない状況。

「アジア各国の出演者が日本に集うことができない!」

そんな中での短編映画「壊れた時間のバラタ」制作の挑戦に、僕も悔いなきよう今まで積み重ねてきた時間と想いを込めて撮影に臨みました。

あとは監督の小池博史さん、映像の鈴木靖治郎さん、携わる多くのクリエイターの皆さんを信じて作品の完成を心より楽しみにしています。

重ねて感謝、ありがとうございました!

関連記事

予告編ムービーver.2

『壊れた時間のバラタ』PV第2弾(by 鈴木靖治郎)です。

どうぞご覧ください!https://youtu.be/VUWj7vWmG3s
20201013230112519.jpeg
本編完成は来年2021年2月予定。お楽しみにー!!


関連記事

公開許可photos

20201013231900977.jpeg

20201013231858044.jpeg

20201013231859e51.jpeg

20201013231902ea7.jpeg

20201013231906278.jpeg

202010132319083cf.jpeg

20201013231909890.jpeg

20201013231916b40.jpeg

202010132319199c6.jpeg

20201013231921080.jpeg

20201013231914839.jpeg

20201013231911c85.jpeg

2020101323191049b.jpeg
All photos by Hiroshi Koike

関連記事

出演者紹介、日下麻彩さん

今回初めてご一緒したマーヤさん。
20201013231908f87.jpeg
前列右の女性。
20201013231156463.jpeg
マハーバーラタの難役をすんなり演じて違和感のない稀有な表現者。
20201013231157220.jpeg
写真を見るとどれも美しく決まってる。
202010132311591bb.jpeg
実は、KIKH舞台「バガボンド SAKURA-GAWA」に出演されていた時から気になっててお会いしたかった方でした。うれしい!
2020101323120008c.jpeg
初共演でディープな絡み、ありがとうございました😁

関連記事

出演者紹介、福島梓さん

梓さんと同じ時を過ごすと、品があり、よく気が付く方だなぁと感心します。
20201013230910755.jpeg
そして変幻自在の演技と豊かなダンス表現に脱帽!
20201013230911de2.jpeg
共演者も演出家もスタッフも、みんな梓さんのことを好きになるわーと納得するのです。
202010132309124e2.jpeg
そんな梓さんの魅力満載な短編映画「壊れた時間のバラタ」どうぞご期待ください。
20201013230914d2d.jpeg
僕も楽しみですっ😚

関連記事

出演者紹介、土屋悠太郎

2020101323050004c.jpeg
ご紹介いただきました。
https://ameblo.jp/kikhbridgeproject/entry-12627520849.html

ありがとうございます。

小池博史ブリッジプロジェクトの制作スタッフさんには優しくて温かい方が多い。
みな[厳しさ]を知ってる人だからでしょう。
見守られ応援されてるのを感じます、感謝。

関連記事

出演者紹介、小谷野哲郎さん 

小谷野哲郎さんは、僕が日本で初めて出会った"背中を追っかけたくなった"舞踊家です。
20201013225346fc1.jpeg
この憧れがマハーバーラタに最初に参加した時モチベーションの1つでした。
20201013225347b88.jpeg
そのおかげで小池さんをはじめとする生き様の滲み出た芸術家、尊敬の念が沸く芸と身体と心を持ったアーティストにたくさん出会えたことは感謝しかありません。
202010132253492a9.jpeg
表現者として一段階高めて頂いた恩人です。
20201013225350eb5.jpeg
そんな小谷野さんの魅力と圧倒的存在感は映像になっても健在で、むしろ笑える程に素敵です!

関連記事

記録

昨年インドネシアでのマハーバーラタ公演後、自身の活動ブログを更新していなかった。

理由は翌年(今年)の公演に向けて乗り越えるべき課題があまりに多過ぎて、その1つ1つが果てしない壁に感じられてしばし茫然自失。

その後、妻の出産をサポートしながら各研究を始め、実践と努力でいっぱいいっぱいの日々を過ごしてきたので振り返る気力ゼロでした。

でも先日、映画版マハーバーラタの撮影を終えたらようやく「記録をつけよう」という気持ちになり、1年前からさかのぼって順次記事を更新し公開しています。
202010132301139d5.jpeg

関連記事

壊れた時間のバラタ、撮影2-2

20201012161330758.jpeg
2日目も無事終了。
20201012161331a44.jpeg
8-9月で計5日間の撮影がクランクアップ!
2020101216133109b.jpeg
一路、仙台へ帰宅中🚅

小池さんの初監督作品にて共演者、スタッフの素敵なメンバーと映画作りできたこと、最後にはすごく良いチームワークで撮影を進められたことがなんだか今とてもうれしいです。
20201012161332284.jpeg
皆さまに是非ご覧いただきたい不思議な映像作品です。

関連記事

壊れた時間のバラタ、撮影2-1

撮影前日、深夜に宿泊地到着。
202010121539514a0.jpeg
翌日の早朝から撮影開始。
202010121539542e1.jpeg
1日目が無事終了。
20201012153952360.jpeg
協力して臨む。20201012153955663.jpeg
素晴らしい作品目指して明日も皆で頑張ります。

関連記事

予告編ムービー

インド古代叙事詩マハーバーラタの短編映画「壊れた時間のバラタ」
202010121527471da.jpeg
近日また撮影に行き、完成を目指します。
見る人の度肝を抜くような体験のできる作品へと昇華できたらと思います。

予告編ムービー第1弾がこちら。
https://youtu.be/VUWj7vWmG3s

どうぞご覧ください!!


関連記事

新しい日常

雨の中、赤ちゃんを抱っこ紐に入れ、息子を小学校まで迎えに行き、そのままBCG接種会場へ。
いっぱい泣いて可哀想だったなぁ。。
20201012151121948.jpeg
帰宅すると安心したのか張り切って、早くもハイハイに進もうというのか子鹿のようにぷるぷると身体を起こしていた。おつかれさまです。

関連記事

1歩先へ

妻が育児休職から仕事に戻り、僕も本格的に赤ちゃんの育児担当がスタートした。

息子が小学校から帰ってくるまでは2人きり、地味に世話で忙しい静かな時間を過ごしてる。
2020101215091819f.jpeg
時の流れ方がまた変わった。

同じように6年前、息子の時は「これで表現者として終わりかな?」と悩んだけど、その後も色々やってきたから、大丈夫と今は分かる。

芸は自分と共に生きて育つし、在タイ3年間で師匠に教わった心技体が身体にたくさん散りばめられてるから、一生かけて深めていける。

人生には色んなシーズンが在って、今も僕の特別な経験をしていく大事な時。
この景色を味わって家族と共にまた1歩先へ。

関連記事

今できること

20201012150250e58.jpeg
ここから1年、自分の時間を準備に費やした。
目や心に鮮やかに残った共演者たちの芸と身体、演出家の言葉を手がかりに。
202010121502499f3.jpeg
だけど公演は延期、来年できるかどうかは分からない…。
そんななかでも「今できることを形にしよう」と映像化に向け全力で取り組んでいます。
20201012095130679.jpeg
舞台もいいけれど、映画だからこその可能性と芸術の力が在ると僕は信じています。

8年間にも及ぶこのプロジェクトの1つの完結した形になりますよう応援、ご支援頂けたら嬉しいです。

関連記事

新しい挑戦

オリンピック共催事業として今年7月に公演を予定していた「完全版マハーバーラタ」。

去年のインドネシア公演から帰国後は、地道に稽古と準備に多くの時間を費やしてきた。

お友達の皆さまはご存知のとおり舞台は新型コロナウイルスの影響により延期となりました。

世界の情勢を鑑みれば来年も公演できるかどうかは分かりません、アジア各国の出演者たちが日本に集うのがまず難しい。。
2020100518590792b.jpeg
そんななかで始まった取り組みが、映像の力で世界を結んで制作される短編映画「壊れた時間のバラタ」です。

もしかしたらこれも1つの完成形なのかもしれないなと個人的には思いつつ挑んでます。
2020101210032053e.jpeg
インド古代叙事詩をもって
今の世に問う
共生と調和の可能性
・・・・・・

関連記事

新しい日々

夏休みが明けて今日から息子は小学校開始。
来週は妻が育児休職から復職へ。
20201012095950fda.jpeg
僕の赤ちゃん育児生活も本格スタート!

関連記事

第1回目の撮影を終えて

見たことのない映画が生まれようとしてる。
20201012095118f49.jpeg
人と神がみの共存する豊穣な世界。
20201012095126354.jpeg
かつて人々が持っていたであろう感覚。
202010120951304c5.jpeg
同時多発的な手法の舞台を手掛けてきた演出家がピンポイントで見せる画にハッと息を飲む。
20201012095129967.jpeg
来月もう1度撮影があります。

Picture: Koike Hiroshi

関連記事

壊れた時間のバラタ、撮影1

20201012094338b01.jpeg
マハーバーラタ短編映画「壊れた時間のバラタ」
20201012094339ba7.jpeg
関東での第1回目撮影を終えて今日仙台に戻りました。
20201012094341e5a.jpeg
大自然のなか朝から晩まで監督スタッフ演者が全力で創作に取り組み、誰も見たことがないような映像作品になりそうだと現場で実感しました。
20201012094342621.jpeg
僕も身体を張って出演しています!
20201012094344d4f.jpeg
この作品の完成とプロジェクトの周知を願いクラウドファンディングを実施しています。
20201012094346fc1.jpeg
リターンもとっても魅力的!

ご支援のほどよろしくお願いいたします。(現在終了しました)
https://motion-gallery.net/projects/kikhbridgeproject 

関連記事

短編映画の報告です

今年公演できなかったマハーバーラタ完全版。
この夏その物語のオマージュといえる映像制作が決まりました。
2020100518590792b.jpeg
今週末、僕も撮影に行ってきます。
これまで準備してきたことを発揮し、小池さん初の映像作品に心奮わせたいと思います。

8年がかりのマハーバーラタプロジェクト。
広く知っていただき応援してくださる方々に届きますように!

関連記事

河北新報に掲載されました

2020年8月4日の河北新報/夕刊に取材して頂いた記事が載りました。
(写真をクリックすると拡大します)

2020092014192651d.jpeg

仙台に再び住み始めて有難い出来事&記録。
息子との共演もうれしいかぎりです。

ご担当者さま、ありがとうございました!

関連記事

[1年ぶりの更新]

お久しぶりです。

前回(2019.6/30)インドネシアに旅立ったまま更新が途絶えていたこのブログ。
1年ぶりの更新ですが、僕は元気にしています。

今年2020年7月はマハーバーラタ完全版の東京公演に出演する予定でした。
実現していれば、オリンピック共催事業として文化面で国際協働の顔になっただろうと思います。
ところが新型コロナウイルスの世界的蔓延により全てキャンセル。

昨年日本に帰国してからは意識も時間もそこに向けて取り組んできたのでガックリしましたが、それならそれなりにと今の暮らしを大切に過ごしています。
202007292056435ec.jpeg
さてさて、大きな変化といえば…

・再び仙台に引越してきました
2010-2012結婚を機に住み、妻の転勤で東京に移動してからも通って活動を続けてきた思い出深い街。
自然多く住み心地の良い仙台に心身ともに癒されています。

・第2子、娘が誕生しました
この新型コロナ騒動により、家族で過ごす1日1日を大切に、新しい命の成長を見守り、産後の妻と小学校に入学する息子の側にいることを大事にしました。

・息子が剣舞デビュー
ステイホームで入学式も延期されたこの機会に、今まで自由に踊っていた彼に正しく型を教え、卒園したばかりの幼稚園で初ショーをしました。
好評で園児のファンもできたようで嬉しいかぎり。

・新しい出会い、学び
帰国後、今ここで学べることを求めて数々のワークショップ参加や学びの行動をしてきた中で、願ってもない良き先達と出会いました。
貴重な学びを全力で習得し、僕のタイ芸能の心技体に修めたいと思います。


他にも、もちろんたくさんのことがありました。
この近況報告を機に、時を遡り記録を付けてまいります。

これを読んでくださったあなたと出会える日を楽しみにしています。
ありがとうございました。

土屋悠太郎 拝

*写真は、出会った頃に師匠から頂いたガネーシャのコイン。日本では御守りにして持ち歩いてました。

関連記事

子育ていろいろシェアリング投稿4

[「ゲーム買って」をごまかす方法 ]

子どもにゲーム機を買い与えましたか?
7歳になるうちもそろそろおねだりに屈する時期かなぁと考えています。

これまでは、模擬ゲームを一緒に演じて遊ぶという作戦でごまかしてきました。

たとえば「ロックマン」というアクションゲームの内容を説明し、互いにキャラクターになりきり、音楽を口ずさみながらポーズを決めて戦う外遊び。
子どもは延々と求めてくるのでバテますが、ハマってしまえば「これで実物を買う日は少し先に伸びた」とほくそ笑んでいた私です。

そして寝かしつけの前には名作「ドラゴンクエスト」というRPGを模した壮大な世界の冒険をしてきました。
もちろんBGMもフル演奏付き(声)です。

レベルアップして呪文や特技を覚えたり、強敵を倒して仲間を増やしたり、世界を救うべく物語を進めるためにセーブ機能も完備!
ただ細かい部分はよく忘れるためツッコミを入れられますし、寝ぼけたらバグるというハラハラおまけ付き。

これをやってて良かったなぁと思うのは、自由自在に選択できる架空の世界を父子で共有して遊ぶことでますます仲良くなれたこと。
またストーリーを進めるなかで人を助けたり思いやる気持ちなど、人生で大事だと思う部分もゲームを通してちょっぴり伝えられたことです。

そして、ついに小学校入学の頃合いを見はからって最後の魔王を倒してゲームクリア!
エンディングを迎えた時、なんと彼は号泣していました。
202010051855494c7.jpeg
少年時代に親が夢中になったゲームの面白さを子どもに伝えられる上、たくさん会話が生まれるので親子遊びとしてもおススメです。

関連記事

子育ていろいろシェアリング投稿3

[夢の実現のため奮闘した日々]

小さな子どもを育てる毎日は何事も自分の計画通りに進まず本当に大変ですよね。
「そんななかで表現活動を続けるのは無理なんじゃないか?」と思っていました。
2020100518522369f.jpeg
当時は息子の育児を担当して1年が経った頃。
表現の仕事は月に数日、家族の協力が得られる日だけと決めていました。

しかし憧れの仕事のチャンスを目の前にしたとき、「家事育児をしながらでも自分の夢に挑戦してみたい」と一念発起。
大きな舞台の仕事に挑んだ時のお話です。

電話をかけまくって、やっと見つけた定員に空きがある保育所へ2歳の子どもを預け、連日の稽古に通いました。

朝は通勤時間の満員電車にベビーカーで乗れず毎日1駅分の距離を押して保育所まで送り、稽古後はヘトヘトになってお迎えに行く。
家に帰り着いたらご飯の準備から寝かしつけまで家事仕事をし、足りない自主練習は睡眠時間を削って早起きしてやっていました。

一番辛くなるのは保育所で別れ際。
大泣きしている声に後ろ髪を引かれつつ「こんな思いをさせてまですることなのか」自問することもありました。
子どもが風邪を引けば寝ずに看病し、熱が引いたら保育所に預けて稽古へ。
治らない時は遠方から親に来てもらうこともありました。

結局、家族による最大限の理解と助けを得て2ヶ月間の稽古、海外3ケ国ツアー、東京での公演を乗り切ることができました。

保育所などの必要経費でギャラは残りませんでした。
しかし、舞台に立つ父の姿を見た息子と家族が大いに喜んでくれたのが本当に嬉しかったです。

親になっても、挑戦する姿を子どもに見せていけたらなと思っています。

関連記事


プロフィール

土屋悠太郎

Author:土屋悠太郎
◆タイ舞踊家-タイ北部ランナー文化継承-
【ランナー舞踊フォンジューン/剣舞フォンダープ/太鼓演舞グロンサバチャイ、チャイヤモンコン/テーワキンカラ―/ティンボン、モンスーン、チャープ演奏ほか】
タイネーム:Siri Mongkol Skana


1981生、神奈川県出身。京都精華大学卒業。
2002年、タイ・チェンマイに留学した際にPo kruu Mongkol(モンコン師匠)、kruu Peerawat Shiengcharee(ガン先生)に出会い、師事する。
北部タイ・ランナー地方の伝統舞踊フォンジューン、剣舞フォンダープを習得。人間国宝kruu Pan(パン先生)にも指導を受け、現地で多くのショーに出演し、経験を積む。
帰国後、タイフェスティバルやタイ王国総領事館主催パーティー招聘出演など日本国内のショー多数。

大学卒業後、三重県伊賀市で1年間の有機農業研修に従事。田畑を耕し、過疎地域に若者を招いて盛り上げる。その後、東京での俳優活動を経て、障がい者や高齢者と関わる仕事に携わる。利用者さんとの交流を通し、タイ芸能の「人を明るく元気にする力」を確信。2009年以降、毎年タイに渡り修行する。
2012年、師匠からSiri Mongkol Skanaという名前を授かる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009年4月~6月渡タイ
kruu Saran Suwannachot(ニック先生)、人間国宝のkruu Kam(カム先生)に剣舞フォンダープをご指導いただく。モンコン師匠と7年ぶりの再会を果たす。

2010年4月~5月渡タイ
モンコン師匠のもと2ヶ月間の住み込み修行。ランナー芸能を幅広く学ぶ。太鼓作りの技法も学び、自作のサバチャイ太鼓とモンスーン太鼓を持ち帰る。

2011年3月、仙台在住時に東日本大震災発生。災害ボランティア活動に専念したのち、表現による支援活動を続ける。

2012年4月渡タイ
自身の誕生日に行った儀式ワイクルーにて「Siri Mongkol Skana」のタイネームを師匠より授かる。

2013年、初めての子どもを迎える。

2014年1月渡タイ
モンコン師匠宅で修行。kruu(先生)としての教えを受ける。ワイクルーを行うための特別なpapikaneet(象の顔をした表現の神)像を拝受。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     
     
◆タイ芸能集団アロム・ランナー 主宰
タイで習得した芸能をもとに日本で喜ばれる表現方法を研究、実践する表現集団。タイ芸能ショー、異文化体験ワークショップの他、ハイブリッド紙芝居「とびだす紙芝居!タイのむかしばなし」では芝居、舞踊、楽器演奏をミックスした新しい表現スタイルの作品を上演。タイを身近に感じてもらえるプログラムが好評。(文化庁芸術家派遣事業プログラムとして2012年以降、実施)団体名は、ランナー地方の芸能の魅力が伝わるショーを目指し「ランナー気分」という意。

◆Art Revival Connection TOHOKU(ARC>T)
2011年3月11日の東日本大震災後、東北の舞台人が集まりジャンルを超えて結成した団体。4月設立当初から参加。文化を通して東北の復興を応援する取り組みにタイ芸能を活かした活動を行う。

◆夢トラック劇団~結~
NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが震災直後に主催したプロジェクト。4tトラックの荷台を舞台に、津波で被災した沿岸地域の子どもたちに芝居を届ける。
2011.4/29-5/5岩手~宮城(釜石・山田町・陸前高田・名取・東松島・石巻)全6ステージ。

◆TheatreGroup”OCT/PASS”
Vol.33“Play Kenji”♯6東日本大震災魂鎮め公演『人や銀河や修羅や海胆は』賛助出演。
2011.7/9-7/30宮城県内(大河原えずこホール・仙台錦町公園・瀧澤寺・秋保・古川)全8ステージ。
東北が誇る劇作・演出家、石川裕人を代表とする劇団。前身はアングラ劇団十月劇場。夢トラック出演時、裕人さんに誘われ震災後初の劇団公演参加。

◆絆支援員ワークショップ講師。仮設住宅を巡回する支援員のコミュニケーションワークショップを実施。

◆文化庁 H23-27年度「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」[東日本大震災復興支援対応]でさまざまなタイ芸能プログラムを実施。仙台市内・宮城県域の幼児~小学生にショーを届ける。

◆お芝居デリバリーまりまり
さまざまな場所にお芝居を届ける東京の俳優集団。タイの芸能を活かした取り組みも行う。『2009-10福祉職就労支援事業(厚労省委託事業)』『2011-12日本→ブラジルお芝居出前プロジェクト(静岡文化芸術大学・国際交流基金)』浜松公演~2012.8/6-23ブラジルツアー参加。

◆杜の都の演劇祭2012『深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール』プログラムディレクター。タイ芸能ショー含む構成、演出、出演。2013年2月1日(金)-3日(日)全6ステージ@タイ料理店サバイサバイ

MESSAGE

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター